AGAってなに?AGAの症状をご紹介

AGAとは男性型脱毛症のことです。
原因は男性ホルモンであるテストステロンが代謝されてつくられるジヒドロテストステロンです。
この物質には毛の成長を妨げる作用があります。

いわゆるハゲは遺伝するのでしょうか。
実際には生活習慣によるものが大きく、家族の場合、生活習慣が同じなので遺伝しているように見えるだけです。
ところがAGAは遺伝的な要素が大きいです。
両親から受け継いだ種々の遺伝子が影響を与えているのではないかという学説が有力です。

症状として、生え際や頭頂部などに部分的な薄毛が目立ち始めます。
いわゆるM字ハゲといわれるものです。
テストステロンがAGAをひきおこすジヒドロテストステロンに変化するときに大きな働きをしているのが5αリダクターゼという酵素です。
これが主に存在するのは頭皮と前立腺です。

そして頭皮のなかでもヒドロテストステロンとその受容体が多く発生する場所というのがあります。
そこで脱毛はこめかみの上から始まり、生え際が後退していきM字型になることが多いのです。
額がひろがってきたなどもAGAの特徴です。

また頭頂部の毛髪は細くなり、髪が伸びずに短く切れる細い毛が増えるというのも症状の特徴です。
ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長を妨げる作用があるのですが、髪の毛を含めて体に生えている毛にはサイクルがあります。
毛が成長する成長期、毛の成長が止まってしまう退行期、毛が抜けてしまい次の発毛の準備をする休止期があります。
ジヒドロテストステロンによって成長期が短くなるため、髪の毛は充分に成長することができずに弱々しい毛ばかりになっていまうのです。

またジヒドロテストステロンの生成のされやすさは遺伝的、体質的な要素が大きいです。
そのため年齢の割に髪が少ない、親族にハゲている人がいる、育毛のためにあれこれ努力はしているけど効果がほとんど出ないなどの特徴があります。
これらに該当するならAGAの症状を疑ったほうがいいかもしれません。

▼参考サイト
薬の通販ならあんしん通販薬局がおすすめ
フィンカーは安価だが品質に問題なし!