AGAのメカニズムはどうなっているのか

最近は多くの医療機関でAGA治療を行うところが増えてきました。
この理由としては、AGAによる薄毛のメカニズムがある程度解明されてきたからであると考えられます。
もしも、これからAGAの治療を考えているのであれば、あらかじめAGAのメカニズムを知っておくということが大事になってくると考えられます。

このメカニズムを知るためには、AGAの原因なんなのかということを理解することが重要になってきます。
そこで、AGAの原因については、男性ホルモンが関係しているといわれています。
しかし、男性ホルモンが直接的に薄毛に関与しているというわけではなく、男性ホルモンが他のホルモンに変化してしまうことでAGAが発症すると考えられています。
では、なぜ男性ホルモンが他のホルモンに変換してしまうのかというと、男性ホルモンを変換する酵素が関係しているといわれています。

この男性ホルモン変換酵素により薄毛の原因とされるホルモンが分泌されることによって、脱毛スイッチが入ってしまうといわれています。
脱毛スイッチが入ってしまうと、髪の毛に栄養を運んでいる毛母細胞に栄養を送る必要はないと判断されてしまい、結果として本来成長するはずの髪の毛が途中で抜け落ちてしまうということになります。
ただし、誰でも薄毛の原因とされるホルモンの影響を受けるわけではなく、それにはある程度遺伝などが関係しているといわれています。
また、頭皮がオイリーな人はこの影響を受けやすいとも言われており、体質も関係していると考えられます。

このようなメカニズムから、AGAの治療に関しては、薄毛の原因となっているホルモンを生み出している男性ホルモン変換酵素の働きを抑制する薬を服用するということが治療の中心となってきます。